昔の6×4.5㎜(セミ版)フィルムのネガ  北海道音楽大行進 昭和33年

【論・旭川】 掲示板で、「かんじさん」が過去の新聞を調べてくれたので、昭和33年で間違いないと思います。
※ある特殊な写真からの判断です…。

それにしても1958年か…。半世紀以上も前のネガですね。

このネガは叔父さんから預かったもので、きっと代々誰かへ伝える使命を持ったネガ。
写真に焼くでもなくネガのままでしたが、たまたまデジタル化しようなんて想いから「印画」となりました。

「北海道音楽大行進」は旭川市で毎年6月に行われる吹奏楽の国内最大・世界有数規模の祭りとされています。
初回開催は1929年6月5日で、2015年の来場者数は15万3千人。
現在は毎年6月の第1土曜日開催になりました。

旭川では、護国神社の招魂祭+音楽大行進=初夏の風物詩です。

子供の頃の記憶では、各地からやって来た一般の人々や各学校・自衛隊・マチイ楽器店などのプロ?
おばあちゃんの店の前で椅子に座って見たり、二階の窓から眺めていたり…。



住友炭鉱「赤平専門店」。
「札幌専門店会」には「ミス北海道」のタスキをかけた女性が。

16041502.jpg

「深川音頭」「士別会」「紋別専門店会」。

16041503.jpg   16041504.jpg

16041505.jpg   16041506.jpg

やる気が無く、歩いているだけのように見えますが…。
昔の大町「寿市場」あたりは、護国神社から緊張のお披露目一回目を終えたタイミングで通過する距離。
初回を終えてホッとしていたりって感じのお姿です。

16041507.jpg   16041508.jpg

国道40号線が砂利道の時代のお話しです。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0