「三時草」は三時に咲くのか!? タイムラプスで確認

過去記事に、「サンジソウ(三時草)」があります。
その中に、「本当に3時に咲くのか、タイムラプスで撮ってみたいな…。」なんて書きました。



先日、こんな感じで撮ってみました。

編集して、「YouTube」にアップしました。こちら→ 「三時草」は三時に咲くのか!?

三時草(サンジソウ)とは、午後3時くらいに開花し4時頃には閉じる不思議な植物らしい…。
南アフリカ原産。ハマミズナ科ベルゲランタス属。
本当に三時に咲くのか「タイムラプス」「インターバル撮影」で長時間撮影してみました。

16062402.jpg   16062403.jpg

「タイムラプス」とか「インターバル撮影」というのは、何かといいますと…。
短時間で花が開花するようなのをテレビで見たことがあるかと思いますが、あれのことです。

ようするにパラパラ漫画の理屈なのですが、映画では1秒に24コマ、ビデオで30コマだったと思います(違っていたらゴメンナサイ)。これをそのまま映像として見ると、テレビや映画の普通の時間の流れ。

コマ数が多くなればスローモーションになるし、少なければ早送りになります。
これが1秒間隔で撮った写真を30枚続けて映像化すると、30秒がたった1秒の映像になる訳です。

ま~正直適当なんですが、頭の中で適当に計算して開花時は10秒に1コマ設定で撮りました。
閉花時は15秒間隔で撮りましたが、総カット数は約500ですべての画像を結合させ映像化したものはたったの20秒。(笑)

ニコンD5100は、最高で999枚までの設定がありますので40秒程度のものは撮れるのでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0