旭川の「福居製餡所」



数年前に、工場直売店「あん庵」がOPENしました。
一度行こうと思いつつ時が過ぎ、今年各地の道の駅などで「福居製餡所」の文字。

昭和23年5月創業の、 「福居製餡所」

ホームページには…。
業務内容は、製餡、煉餡、甘納豆、羊羹各種の製造及び北海道産豆類各種の販売。

生餡 北海道産の原料を加工し、生餡そのままの販売や、自社内の加工用として使用。
煉餡 自社の生餡を加糖し、味付け加工をしたもの。
甘納豆 時間をかけて金時豆等を蜜付加工し、あっさりとした甘納豆を製造。
羊羹 自社で作成した新鮮な餡をもとに、お取引様のご要望に合わせたPB商品を製造。自社のオリジナル羊羹も販売。
豆類販売 北海道産の高品質豆類の販売。

旭川を中心とする北海道上川地方は、その肥沃な土壌と寒暖差の激しい気候特色から、同じく北海道の十勝地方と並ぶ良質な小豆の産地として知られています。
当社で主に使用している〝しゅまり小豆〟は、特に上川地方の気候特色に合った品種として開発され、平成9年から本格的な育成が始まったばかりの新品種で、正式には「十育140号」と言います。

この小豆は、十勝地方などで育てられている「エリモショウズ」「キタノオトメ」等よりやや小粒ですが、両品種と比べても遜色のない、むしろそれ以上の鮮やかな餡色(赤紫色)と上品な香りが特色で、関係業者からも高い評価を受けています。

16072802.jpg  16072803.jpg

このカップソフトというのかな?トッピングを色々と選択できるそうです。
甘ったるい感じがまったくなく、素材の味を感じられる素晴らしい餡子です。

16072804.jpg  16072805.jpg  16072806.jpg

16072807.jpg  16072808.jpg  16072809.jpg

16072810.jpg  16072811.jpg  16072812.jpg

饅頭、どらやき、羊かん。。。
甘いものが苦手な方にも、ぜひ一口食べていただきたい。

「しゅまり」という小豆の品種+製造過程が素晴らしいのでしょう。
きっと「オッ!?」という感動を味わえると思います。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0