砂川SA「木林の森」で「神内和牛あか陶板焼き御膳」を食う



「神内和牛あか」を食べられる場所は地元に少ない。
これは北海道各地に共通する悩みと言いますか、需要と供給のバランスですね。

16081202.jpg

首都圏や札幌以外で食べられるのは、道央道「砂川SA」の「木林の森」。
※滝川や砂川の焼き肉店やレストランで食べられそうなものですが…。ご存知の方は教えてください。(笑)

16081203.jpg

メニューはこんな感じ。
当然、そこそこ高めの価格設定です。

16081204.jpg   16081205.jpg

16081206.jpg   16081207.jpg

あ、またビール飲んでますね。(笑)

16081208.jpg  16081209.jpg

「神内和牛あか陶板焼き御膳」とご対面。

16081210.jpg

ん~。。。

16081211.jpg  16081212.jpg

16081213.jpg  16081214.jpg

↑普段ボケボケの写真をアップすることはありませんが、今回はいいんじゃない。

16081215.jpg

メニューの写真と比較してください。
個人的な意見ですが、このラーメンの投げやりな仕事っぷりはありえない。
たとえ限られた状況の中だとしても、こんなヤッツケ感って異常…。
どうせ…って客をバカにしているとして思えませんね。

16081216.jpg  16081217.jpg

常に料理の写真は作り手に敬意を払い、出来る限り美味しそうに撮ろうと意識しています。
しかし、今回はご覧のようにまったく美味しいお肉に見えるように撮ることはできません。

食べても同じく、まったく美味しいものではありません。
写真を見て判るように、冷凍肉を薄切りにして並べただけ。
薄い肉のドリップ出まくり、おまけに冷凍庫臭満載。

結論。

ここで2400円も出して残念な思いをすることはありません。
過去記事の砂川SA 「神内和牛あか」に書いた、500円の串で牛肉の良さは確認できます。

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0