FC2ブログ

石狩川河口探訪 VOL.1



2016年8月に日本に上陸した台風は7号、9号、10号、11号の4個。
8月の上陸数としては1962年と並び、51年の統計開始以来の最多記録となったとか…。

しかも北海道には、17日水曜日に台風7号が上陸したのち、21日日曜日には台風11号、そして23日火曜日には台風9号。1週間で3つの台風が上陸しましたが、北海道で1年に台風が3回上陸するのは観測史上初めてのことです。

各地で被害を受け、さらにとどめは台風10号により、31日に十勝地方や上川地方南部を中心に雨が降り続き、堤防決壊による河川の氾濫や市街地への浸水が相次ぎました。
住宅街が浸水した南富良野町では、1日午後に再び大雨警報が発令されていて、とても心配しています。

さて石狩川ですが、その源流は大雪山系石狩岳の西斜面とされています。
源流から上川盆地・石狩平野を経て石狩市で石狩湾へと注いでいます。
その間に上川地方・空知地方・石狩地方の22の市町村を通過します。

旭川市内では、大きな河川として美瑛川・忠別川・牛朱別川が合流しますが、石狩川水系として名のある河川だけでも100を超えます。今回の台風の影響を強く受けた南富良野町で堤防の決壊があった空知川は石狩川の支流です。
空知川は滝川市と砂川市の市境を流れ樺戸郡新十津川町で石狩川に合流します。
支流を含む流域内市町村数は48で、流域内市町村人口は約308万8千人。
(平成12年国勢調査)

16090102.jpg   16090103.jpg

そんな膨大な河川を集める大河「石狩川」ですが、一番河口近くで合流する石狩川最後の支流が「知津狩川(しらつかりがわ)」です。流路延長14.5km、流域面積38.6km²。

16090104.jpg

短い川が石狩川へ注ぎます。
その先には石狩灯台。

16090105.jpg

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0