FC2ブログ

台風10号 南富良野町幾寅地区



台風による大雨で、北海道を流れる空知川の堤防が決壊した南富良野町では、30日の1日の雨量が、平年の8月1か月分を上回るなど、記録的な大雨になりました。

気象庁によりますと、北海道の南富良野町では、29日から断続的に雨が降り、台風10号が接近した30日を中心に、発達した雨雲が次々とかかりました。

気象庁の観測点がある南富良野町幾寅では、29日午前0時の降り始めから1時間に5ミリから10ミリ前後の雨が断続的に降り、31日未明までに降った雨の量は183.5ミリに達しました。
このうち、30日1日に降った雨量は168ミリで、平年の8月1か月の雨量の161.7ミリを上回りました。

また、南富良野町幾寅から南東におよそ9キロ離れた南富良野町落合では、国土交通省が設置した雨量計で、29日の降り始めから31日正午までに513ミリに達する記録的な大雨を観測しました。
この地点では、30日昼ごろから1時間に20ミリ前後の雨が降り続き、30日午後11時からの1時間には45ミリの激しい雨が降りました。

また、南富良野町の東部付近では、気象庁のレーダーによる解析で30日午後11時半までの1時間におよそ90ミリの猛烈な雨が降ったと見られ、南富良野町では30日夜遅くに、特に雨が強まったと見られています。 @NHKニュース 8月31日 13時28分

台風の動きはこんな感じ。「台風10号進路図(気象庁発表)」

北海道ローカルの番組では、HBCの気象予報士キャスター「近藤 肇」さんの説明が秀逸でした。
彼は台風通過前から、日高山脈・十勝・大雪(言葉は違ったが…)で雨雲が発生し大雨を降らしていた…。
全国ネットの番組では地形を考慮しない説明しかありません。

つまり、観測初の台風の動きだけではなく、それ以前の気象と地形の影響によってどのように雨雲が発生するのかを素人にも判り易い説明をしてくれました。

16090402.jpg   16090403.jpg

3日(土)、石井国土交通大臣が清水町から午後には南富良野町に入り現地を視察しました。
その数時間前の風景です。

過去記事に、「SEARCH TERMS (6 hits) : 幾寅 南富良野」がありますが、いつもと変わりない風景です。
ただ峠を越え幾寅の街の手前の橋が片側交互通行になっていただけ。

この国道38号線の太平橋は増水した川の勢いで片側1車線の道路が幅4メートル、長さ4メートルにわたって崩れ、通行止めとなりました。大平橋の上流の堤防が2か所で、長さおよそ100メートルとおよそ250メートルにわたって決壊しました。

16090404.jpg   16090405.jpg

16090406.jpg   16090407.jpg

31日の朝、空知川の堤防決壊の報を知り、知人に連絡をとりましたがつながりません。
その後テレビやネットで情報を…。しばらくして携帯に着信。

状況を知りとりあえずの安堵と共に、多くの不安が…。

2日、少し落ち着いた(現状を把握した?)のか再度連絡がありました。
「滅多に見れないから…」。「明日行くよ…」。国道は2時間の交互通行だから、金山から湖岸線。。。
3日、国道が開通し湖岸線が通行止めとのこと。

しかし、ほんの数日でここまでできるのかと思うほど、堤防には砂利を入れて復旧工事が急ピッチで進められていました。
道の駅にはたくさんの工事車両や報道関係らしき車両。
とりあえず土砂や流出物は片付けられ、トイレも復旧していました。

16090408.jpg   16090409.jpg

すでに自衛隊が流木等の除去作業をしていましたし、ボランティアの人々も活躍していました。
嬉しい限りですが、逆に泥棒や車上荒らしもいるとミニパトのおまわりさんが言っていました。

16090410.jpg

パッと見に国道はキレイになっていましたが、多くはこんな感じです。
住宅街では住民たちが力を合わせ泥の付いて物を洗っていたり…。
そんな姿を撮ろうかと思いつつ、撮りたくないと思うのはプロ根性の欠如。(笑)

16090411.jpg   16090412.jpg

国道の右側「かなやま湖」方面にある避難所では、ニュース映像で1階が濁流になっていましたが、見るからに低い位置です。地域の水害に対する認識は皆共通で、川の上流で水害はないと…。
国交省のハザードマップでも、市街地のごく一部のみ50㎝程度となっています。

16090413.jpg   16090414.jpg

自然災害って今回のような気象による雨だけではなく風や雪もあるし、火山活動や地震…。
どこでいつ起こり得ても不思議ではありません。

「備えあれば憂い無し」。もしもの時に頼りになるのは「火災保険」。
「水災(水害)不担保」になっているかいないか。
特に北海道の場合は、「雪災」が有るか無いのか、ぜひ今一度確認を…。

16090415.jpg

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0