FC2ブログ

そもそも「豊洲市場」って…。


※2014年10月 建設中の豊洲市場

ほぼ毎日ニュースで伝えられる「築地市場」の移転先である「豊洲市場」。
小池百合子都知事が、2016年11月7日に豊洲市場への移転開業を延期すると正式に発表したのは8月31日の午後。
延期の理由は、「安全性への懸念、巨額で不透明な事業予算、情報公開の不足の三つの疑問がある」と…。

当時のマスコミの反応ってどうでした?

「勝手に延期してどうしてくれるんだぁ~」とか、「延期すれば一日に経費がこんなにもかかる…」なんて、狭いところを穿っていたりしていましたね。

森元総理なんか大義名分として、東京オリパラに絶対的に必要な環状2号線の完成を言及していました。

その後、盛土をしていないとか地下構造についてとか、水がどうだとか…。

そんなことより、新市場建設協議会が設置された2004年7月。
「豊洲新市場基本計画」が策定されたことを言及するべき。

元々は、東京ガスの施設で国の環境基準を大きく上回る有害物質が確認されている土地です。
鉛・ヒ素・六価クロム・シアン・水銀・ベンゼンの6種類が国の環境基準を超えているのが分かった土地です。
発癌性物質であるベンゼンは、局地的には国の基準の43,000倍が地中にあり、移転反対運動が行われていたそうです。

しかし、土壌汚染対策工事を行うという事で移転計画が進みます。
その土壌汚染対策というのが、今話題になっている盛土問題。

これがどうにも納得いきません。
上っ面の土を取り除いて、新規に土を入れれば良いという発想です。

これが科学的に絶対的な意味のあるものならまだしも、地震による液状化現象で地下にあるものが噴き出すなんて、素人でも想像してしまうのではないでしょうか。

環境基準を大きく上回る有害物質だらけだった土地をどうしようが、一度汚れた土地をキレイにしたので安全と言われても気持ち悪いだけです。

そもそも、築地の代替地候補が数カ所あった中で、豊洲に築地を移転するって誰が決めたのか。

石原慎太郎
1期 1999年4月23日~2003年4月22日
2期 2003年4月23日~2007年4月22日
3期 2007年4月23日~2011年4月22日
4期 2011年4月23日~2012年10月31日

…という事ですね。

今日のニュースでは、盛土をしない工事の契約は2011年8月に、石原元知事が承認したということですね。

ちょっとした道路の拡幅はもちろん、バイパスや高速道路が通るとなると多額な金額が動くわけです。
もちろん、東京の大規模な土地となると想像すらできませんが、その土地の選定によって利益を得る人が居る訳ですね。

個人的には、そこら辺を報道すると面白いと思います。
誰が土地で儲けたのかという視点です。(笑)

こんな大規模な移転ですから、魑魅魍魎。
「東京ガス跡地」にハビコル人達が必ず居るはずです。

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0