石狩市 「旧長野商店」

   16092602.jpg

「いしかり砂丘の風資料館」の「石狩ファイル0084-01(2008年3月25日)」より。

16092603.jpg

旧長野商店

旧長野商店は、石狩市弁天町30番地5にある市内最古の木骨石造(もっこつせきぞう)建築物です。店舗は明治27(1894)年の建築ですが、石蔵は、アーチ窓の意匠や軟石の目地の施工法が、明治10(1877)年建築の水原寅蔵商店の石蔵(札幌市・現存せず)と酷似しており、建築時期が明治10年代に遡る可能性が高いと考えられています。

店舗、石蔵あわせて、長さ約81cm×高さ約30cm×厚さ約17cmの軟石が920個あまり使用されています。木造の骨組みの外側に軟石を積む木骨石造の工法が用いられている点や、伝統的な日本家屋によく見られる瓦屋根や卯建(うだつ)に、アーチ窓などの洋風意匠をあわせもつ、和洋折衷のデザインが特徴です。また、店舗、蔵ともに耐火性の高い木骨石造で建てられていることは珍しいとされています。

長野商店は、越後荒井浜(新潟県聖籠(せいろう)町)出身の長野徳太郎が、明治7年に創業しました。米、塩、呉服、反物のほか、酒造業も営んでおり、当時の石狩町を代表する商家のひとつでした。昭和30(1955)年に閉店した後、昭和63(1988)年、石狩町に建物が寄贈され、平成6(1994)年に石狩町の文化財の指定を受けました。元は親船町7番地にありましたが、道道拡幅のため、平成19(2007)年3月に現在地に移築復原されました。 (三島照子・工藤義衛)

店舗:幅9.09m(五間半)奥行7.27m(四間)、高さ8.19m、延べ床面積152.51m2
石蔵:幅5.45m(三間)、奥行7.27m(四間)、高さ6.83m、延べ床面積65.45m2

参考文献
日本建築学会北海道支部(1996)石狩町指定文化財旧長野商店建物調査報告書.

16092605.jpg   16092604.jpg

上記の資料によると店舗は22坪。
過去記事の、増毛町 「旧商家丸一本間家」 vol.1 ~まずは外観~と比べるとかなり小さなお店だったようです。

16092606.jpg

移築したという事ですが、構造的には鉄柱で補強したり、梁も集成材だったり…。ちょっと残念。

16092607.jpg

展示品は当時のもののようです。
店舗の土間から蔵へ行けます。

16092608.jpg   16092609.jpg

大好きな、当時の石狩の街のジオラマもありました。(笑)

16092610.jpg   16092611.jpg

長野商店は、越後(新潟県)荒井浜出身の長野徳太郎が、明治7年に創業。米、塩、呉服、反物のほか、酒造業も営んでおり、当時の石狩町を代表する商家。

増毛本間家の本間泰蔵は、越後(新潟県)佐渡の出身で、明治6年23歳で小樽に渡り呉服店の養子格の番頭。ニシン景気でわく増毛にしばしば行商、明治8年に増毛に移り住み呉服商を始める。明治15年には「丸一本間」を名乗り 本業の呉服商の他に荒物雑貨販売・呉服雑貨・漁獲物の輸送…。その後、ニシン漁、醸造業。

当時のお金持ちになるためのモデルのような時を、お二人とも歩んでいるようです。
違うのは、「ニシン」の存在だったのでしょうか。

16092612.jpg   16092613.jpg

昭和初期に自動車。皆正装してハイソ感満載。(笑)
車は、GMのシボレーでしょうか。

16092614.jpg

明治27(1894)年の建築を証明する当時の棟札。
和箪笥とか、帳場セットが欲しい。

16092615.jpg  16092616.jpg

土間も欲しいな。

16092617.jpg

備品はなんとなく怖いからイラナイ。

16092618.jpg

石蔵はお宝を長く保存する為には絶対に必要なので欲しい。

16092619.jpg

しかし、お宝なんか持っていないので蔵があっても意味が無い。
宝くじでも当たったら悩んでみましょう。(笑)

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0