FC2ブログ

「68年ぶり」の「超スーパームーン」

北海道旭川市では薄雲が広がっていたものの、何とか雲間から見ることが出来ました。



2016年11月14日は、諸説ありますが一年のうちで最も大きく見える満月「スーパームーン」。

月の公転軌道は楕円ですから、月と地球との距離は約36万kmから40万kmの間で変化していますが、その最接近のタイミングと満月となるタイミングが近いと、月が大きく見えるという簡単な理屈です。

今年は、20時20分ごろに月が地球に約35.7万kmまで最接近し、その約2時間半後の22時50分ごろにちょうど満月になります。

16111402.png

満月の近さランキング
・1912年01月04日 35万6375km
・1930年01月15日 35万6405km
・1948年01月26日 35万6490km
・1972年11月21日 35万6524km
・1993年03月08日 35万6530km

今回が「68年ぶり」と言われているのは1948年1月のほうが30km近いからです。
※地球中心から月中心の距離なので、見る地域によって異なります。

16111403.jpg

薄かっのですが、「月暈」も観測できました。
動画も撮ったので、なるべく早くアップしようと思います。

↓アップしました。。。




関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0