北海道神宮



由緒
明治2年、当時「蝦夷地」等と呼ばれていた北海道は、日本の国土としてより明確にする為に、「北海道」と名づけられました。
そして同じ年の9月1日に、明治天皇の詔(みことのり)により、東京で「北海道鎮座神祭(ほっかいどうちんざしんさい)」を斎行して、北海道の開拓・発展の守護神として、大国魂神・大那牟遅神・少彦名神の三柱の神々(開拓三神)が鎮斎されました。

その御霊代(みたましろ)(神様が宿った依代。鏡や剣等々…)は東京から函館へ、そして札幌へと移されました。
明治3年5月には仮社殿が建てられましたが、それは現在の鎮座地ではありませんでした。

現在の位置に社殿が建てられたのは、明治4年のことで、この年に「札幌神社」と社名が決まりました。

そして開国を決断され、西洋の文明を取り入れて現在に至る日本の礎を築かれた明治天皇を昭和39年増祀(その神社にお祀りする神様が増えること)し、社名も「北海道神宮」と改称しました。

約18万平方メートルの境内地は、桜の名所としても知られ、市民に親しまれていますが、現在の北海道神宮の社殿は、昭和49年放火に遭い、昭和53年に復興されたものです。
 
御祭神
北海道神宮には、現在四柱(よはしら)の神様をお祀りしています。

・大国魂神(おおくにたまのかみ) 北海道の国土の神様
・大那牟遅神(おおなむちのかみ) 国土経営・開拓の神様
・少彦名神(すくなひこなのかみ) 国土経営・医薬・酒造の神様
・明治天皇(めいじてんのう) 近代日本の礎を築かれた天皇
@北海道神宮

16112902.jpg

この日は予定変更で急遽札幌へ…。

16112903.jpg

国道12号「北1条東6丁目歩道橋」越しに「テレビ北海道(TVh)」のアンテナ。
さらに西へ進みますと…。
北海道劇団四季や、「水曜どうでしょう」にも登場する「中央バスターミナル」、NHK札幌・札幌市役所・時計台・中央警察署・本銀行札幌支店・札幌テレビ放送(STV)・ニトリ文化ホール・北海道知事公館・北海道立近代美術館…などを横目に見ながら北海道神宮に到着です。

16112904.jpg   16112905.jpg

16112906.jpg   16112907.jpg

ひょんなことから訪問できて感激。

16112908.jpg

「うがい手水(ちょうず)に身を清め」、本殿へ…。

16112909.jpg   16112910.jpg

16112911.jpg   16112912.jpg

たまたま「ご祈祷」が行われていて、巫女の舞も見れて感動。

16112913.jpg

守札授与所。

16112914.jpg   16112915.jpg

16112916.jpg   16112917.jpg

16112918.jpg   16112919.jpg

お守りもさすがに種類が多いですね。
写真を見るとキティちゃんの欲しくなったなぁ~。(笑)

それと「北海道神宮 御朱印帳」。初穂料1,000円。
神宮の御朱印を同時にいただけたようです。これはまた来なさいという事なのでしょうね。

16112921.jpg  16112920.jpg

「おみくじ」。なんとあちらの方用のもありました。

16112922.jpg   16112923.jpg

「十二支神楽焼」。

16112924.jpg   16112925.jpg

あちらの方々。

16112926.jpg

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0