北海道博物館 vol.2

   16121802.jpg

16121803.jpg   16121804.jpg

今回は縄文時代について。
いつの日か縄文の土器を作りたいと思っていますが、今年は挑戦してみたい。(笑)

それにしても謎が多い縄文。
衣食住はもちろん、装飾品が気になります。

16121805.jpg   16121806.jpg

耳飾り・首飾り・櫛・かんざし・腕輪…、その材料もヒスイ・蛇紋岩・カンラン岩・滑石…。
モデルは「蒼井 優」。(笑)

16121807.jpg   16121808.jpg

16121809.jpg   16121810.jpg

16121811.jpg   16121812.jpg

1975(昭和50)年8月、函館市茅部地区(旧南茅部町)で、地元の主婦が農作業中に畑の中から発見したのが「中空土偶」。
北海道初にして唯一の国宝、その現物の中空土偶が常設展示されているのは、2011年10月1日に開館した「函館市縄文文化交流センター」。行ってみたいなぁ~。。。

16121813.jpg  16121814.jpg

大好きなジオラマと展示風景。

16121815.jpg   16121816.jpg

16121817.jpg   16121818.jpg

16121819.jpg   16121820.jpg

縄文・北方系・千島系…、そしてアイヌ。
悠久の歴史を想像するだけでも楽しいものですが。現物がここに有ります。

16121821.jpg   16121822.jpg

16121823.jpg   16121824.jpg

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0