寛永通寶(かんえいつうほう)

   17030702.jpg

寛永通寶(寛永通宝)は、江戸時代に広く流通した銭貨で、寛永13年(1636年)に創鋳、幕末まで鋳造されました。

江戸幕府が成立すると、幕府は金座・銀座を設置して金貨・銀貨を発行し貨幣の統一を進める一方、銅銭については慶長13年(1608年)に江戸を中心とした東国で通用していた永楽通宝(永楽銭)の発行を停止し、翌年に金1両=永楽銭1貫文=京銭4貫文=銀50目の公定相場を定め、京都を中心に流通していた「京銭」の通称で呼ばれていた「鐚銭(びたせん、びたぜに)」という私鋳銭を幕府の標準銅貨としたそうです。

京銭は対外取引の場でも採用され、オランダ・ポルトガルなどのヨーロッパの商船や日本の朱印船によって中国や東南アジアへ輸出され、この大量輸出により日本国内では深刻な銅銭不足をもたらして銭相場を上昇させます。

寛永3年(1626年)、常陸水戸の佐藤新助が、江戸幕府と水戸藩の許可を得て鋳造したのが「寛永通宝」の始まりだそうですが、これは正式な官銭ではありません。

俗に「二水永(にすいえい)」と呼ばれる「永」の字が「二」と「水」を組み合わせたように見え、背(裏面)下部に「三」(鋳造年の「寛永三年」を意味)があるそうです。紳助の死後、寛永12年(1635年)に息子の庄兵衛が後を継ぎ、翌寛永13年(1636年)に鋳造を再開し、背面には「十三」と鋳込まれたとのことです。

さて、寛永通宝のうち、万治2年(1659年)までに鋳造されたものを古寛永(こかんえい)、寛文8年(1668年)以降に鋳造されたものを新寛永(しんかんえい)と呼ぶそうです。

現在の貨幣のイメージと違うのは、全国各地で鋳造されていたり、材質が銅・真鍮・鉄だったり、大きさや字体の変化など、同一通貨でありながらその種類は数百にもなるとか…。しかも、鋳造の際の元となる母銭なんてものがあったりで、コレクターとしては集めたくなるのでしょうね。(笑)

諸説あるようですが、古寛永のザックリ略歴はこんな感じです。

寛永13年(1636年)銭座設置
・浅草銭/御蔵銭(あさくさせん/おくらせん):江戸浅草橋場の銭座で鋳造。
・芝銭(しばせん):芝網縄手で鋳造。
・坂本銭(さかもとせん):近江坂本で鋳造。

寛永14年(1637年)銭座設置
・水戸銭(みとせん):常陸水戸で鋳造。
・仙台銭(せんだいせん):陸奥仙台で鋳造。
・吉田銭(よしだせん):三河吉田で鋳造。
・松本銭(まつもとせん):信濃松本で鋳造。
・高田銭(たかだせん):越後高田で鋳造。
・萩銭/長門銭(はぎせん/ながとせん):長門萩美弥郡赤村で鋳造。
・岡山銭(おかやません):備前岡山で鋳造。
・竹田銭(たけだせん):豊後竹田で鋳造。

承応2年(1653年)銭座設置
・建仁寺銭(けんにんじせん):京都建仁寺で鋳造。

明暦2年(1656年)銭座設置
・沓谷銭(くつのやせん):駿河沓谷で鋳造。
・鳥越銭(とりごえせん):浅草鳥越で鋳造。

古寛永の総鋳造高については、推定で325万貫文(32億5千万枚)。※上記各諸説あり

17030703.jpg   17030704.jpg

古寛永銭と新寛永銭の見分け方ですが…。

古寛永は、「寶」の「貝」の下が「ス」になっている。
新寛永は、「寶」の「貝」の下が「ハ」になっている。「文」「佐」「仙」「十」…の文字がある。背(裏)に波型がある。

17030705.jpg   17030706.jpg

…という事は、上記2枚は「新寛永」で、↑この使い込まれた感のある1枚は「古寛永」なのかもしれませんがよく判りません。

亡くなった親父が残した田舎の秋田から譲り受けたであろう、たった3枚の「寛永通宝」ですが、価値はどうであれしっかりと調べてみたくなりました。

秋田では、見せてもらった記憶だけでも紐に通された多数の穴銭や、小判が何枚も桐の箪笥にあったのになぁ~。(笑)

私の集めた古銭も少しだけあります。お勉強方々…ということで、新しいカテゴリーとして「古銭」を追加しました。
ますますまとまりのないブログになりますが、よろしかったらお付き合いください。(笑)

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0