道の駅 「むかわ四季の館」



200台の駐車場と健康増進を目的をとした温浴施設を完備。温浴施設利用料金で温水プール・トレーニングルームも利用でき、館内では地場産品を購入出来る物産館、レストランでは旬の海の幸が楽しめます。
各種イベントの開催出来る大ホール、休憩施設、インターネットも利用できる図書室もあり、健康いきがい増進施設です。

「朝風呂やってます」。
「むかわ温泉四季の館」

17031202.jpg

2016年夏、人生2回目の鵡川町。一度目は通過のみでした。
「道の駅」は初訪問で、観光客はもちろんですが、それより地元の風呂上りのお客さんが多かったような…。(笑)

17031203.jpg

鵡川(むかわ)と言えば、特産品は「シシャモ(柳葉魚)」。

17031204.jpg   17031205.jpg

「鵡川のししゃも昆布巻」は、かなり好感触でお勧めの一品。
羊羹は食べるのが好きな訳では無いけれど、各地の羊羹コレクションに追加です。

17031206.jpg   17031207.jpg

17031208.jpg   17031209.jpg

地元の小豆で作られた「つぶあん」と「本練り」は解るけど、「春レタス」の羊羹っていったい!(謎)

17031210.jpg   17031211.jpg

お隣「平取町」の「びらとりトマトカレー」。これもここ数年増え続けるレトルトカレーコレクションに…。
国道を走っていると馬産地の風景になりますが、酪農もあるようで…。

17031212.jpg

「ASUKAのチーズ工房」。HP内には北海道発見市場 【北市ドットコム】というショッピングページがありました。


Amazonにも出品がありすので、送料その他比較してみてはいかが?

17031213.jpg  17031214.jpg  17031215.jpg

リピーター続出の「ししゃも醬油」と、微炭酸の「たんぽぽサイダー」。さらに「たんぽぽ珈琲」。

17031216.jpg   17031217.jpg

↓に「ようこそ たんぽぽ と ししゃもの町 むかわ町へ」と書かれた看板の写真がありますが、2つのアイテムで勝負って感じがなぜか心を和ませます。

17031218.jpg

シシャモについては、「十勝総合振興局産業振興部水産課」のHPに詳しいのですが、漁獲量で言えば鵡川のみの特産ではありません。しかも、写真をよく見ていただくと価格は安くないことが判ります。1300円とかは1串の価格です。

17031219.jpg  17031220.jpg  17031221.jpg

とは言え、鵡川産のシシャモを地酒(製造元は解んないけど)で一杯なんて良いですね。

17031222.jpg  17031223.jpg  17031224.jpg

それにしても、「ししゃも醬油アイス」って冒険し過ぎって感じですけど…。
今年はとにかく食べて飲んで、味のレビューって方向で行きましょうか。。。(笑)

17031225.jpg

「シシャモ」関連、お取り寄せのお勧めは…。

・北海道鵡川産ししゃもA オス10尾 メス10尾(化粧箱入) 北海道鵡川町産柳葉魚 カネダイ大野商店 ¥3,854
・北海道鵡川産ししゃもB オス10尾 メス20尾(化粧箱入) 北海道鵡川町産柳葉魚 カネダイ大野商店 ¥4,965
・北海道鵡川産ししゃもC特大サイズ (雄10尾・雌10尾) 北海道鵡川町産柳葉魚 カネダイ大野商店  ¥4,965
・ししゃも ・ 柳葉魚 オス10尾 北海道産 鵡川干し 海鮮市場 北のグルメ ¥1,680
・北海道産天然シシャモ メス20尾、オス20尾 北海道四季工房 ¥3,200
・醤油の素 (北海道鵡川ししゃも) ダシショウユの素 日高昆布とむかわ産柳葉魚 (簡単出汁しょうゆの素) 吉粋 ¥1,080











関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0