東京湾の埋立と開発の歴史

※江戸城周辺

東京湾の定義:房総半島の洲崎と三浦半島の剣崎を結ぶ線の北側海域。(国土庁大都市整備局1993 年)

■ 東京湾埋立の歴史
・天正18 年(1590 年)以降、徳川幕府による江戸湾(東京湾)の埋立が行われ、その目的は増大する江戸人口を収容するための居住地確保と膨大な家庭ごみの処理場確保であった。
・慶長年間(1596~1615 年)、居住地の確保に加え「食の確保」のために交易路の建設が行われた。隅田川、中川、江戸川を横断的に結ぶ交易路を作り、その土砂で利用して利根川河口域で本格的な埋立が行われた。
・明和年間(1764~1771 年)、江戸末期には中川河口の埋立が行われ、隅田川河口とほぼ東西に直線状となった。

17031902.gif※徳川家康入国の頃の海岸線

・明治16 年(1883 年)以降、東京府が航路の確保のために湾内や隅田川河口付近の埋立が行われた。
・明治39 年(1906 年)から大正2 年(1913 年)品川台場の浚渫による土砂による埋立により、現在の佃島、月島が誕生した。
・明治44 年(1911 年)から大正9 年(1920 年)にかけて同じく芝浦が誕生した。
・明治43 年(1910 年)から大正12 年(1923 年)に江東区臨海地区の埋立により塩崎、枝川、豊洲、塩見が誕生した。

・大正11 年(1922 年)から昭和10 年(1935 年)にかけて晴海、豊洲、東雲が誕生した。
・大正14 年(1925 年)から昭和6 年(1931 年)に目黒川の浚渫土砂により天王洲が埋立られた。

・昭和6 年(1931 年)から昭和16 年(1941 年)にかけ「東京港修築事業計画」により、人口増加や産業経済の発展にともない、東京市が大型船舶の航行・停泊を可能とするため、竹芝、芝浦、豊洲、海岸、有明、東雲、勝関を埋立造成を計画したが、この多くは戦争により中断を余儀なくされた。
・昭和13 年(1938 年)に豊洲・晴海方面と小名木川駅との間を結ぶ臨海鉄道を敷設するために鉄道院と東京市が契約し、越中島駅の敷地造成に着手したが、途中、中断の後、昭和40 年(1965 年)に竣工した。
・昭和14 年(1939 年)に品川区から大田区の羽田沖の海岸に沿って京浜1 区~9 区までの造成に着手したがも戦争により勝島の一部完成を見て途中で打ち切られた。南砂町(現在の夢の島)に国際的水陸両用の飛行場建設を計画したが、埋立途中で中止となり、戦後GHQによる羽田空港整備により計画は消滅。

その結果、現在のごみ処理場として昭和56 年(1981 年)に竣工した。

17031903.jpg※黒ラインの内側は埋め立て地

■ 夢の島
・1950年代、東京都内でごみが急増し始め、それに対応するため東京都は当地をごみ処分場として決定し、1957年(昭和32年)12月には埋め立てが開始された。それ以降、1967年(昭和42年)までこの地への埋め立ては続いた。
・1965年(昭和40年)7月16日、夢の島で発生したハエの大群が強い南風にのって、江東区南西部を中心とした広い地域に拡散し、大きな被害をもたらした。都と区による懸命な消毒作業が行われるが、抜本的な解決にはならず、警察、消防、自衛隊らの協力を得て、断崖を焼き払う「夢の島焦土作戦」が実行される。

埋め立て終了から11年後の1978年(昭和53年)、東京都立夢の島公園が開園。整備が進み、「ゴミの島」という雰囲気を感じさせることはなくなっていった。
現在ではスポーツ施設が建設されるなど緑の島として生まれ変わっており、京葉線の開通などにより身近な人気スポットとして親しまれている。

ま、こんな感じの歴史になっています。
土砂での埋め立てもあるとは思いますが、東京湾は昔からゴミ捨て場の歴史であるようですね。

海にゴミを捨てるということは、かなり民度の低い行いですが…。
その一方で、江戸前の魚(貝や海苔も)は旨いなんて笑っちゃう神経です。

現代でもまさに築地市場の豊洲移転が大問題で、今日も元副知事の浜渦武生氏が東京都議会の百条委員会に証人としてかなり強気な発言をされていましたが、保身のためなのかこれまた失礼ながら笑っちゃいました。

東京ガスが有害物質を垂れ流していたとして、そもそも当時の法律で許されていたのかって誰も突っ込まないですね。
地下水からベンゼン等の有害物質も検出されました。この地下水は海に流出していないのでしょうか。

個人的には東京湾の魚とか絶対に食いたくないと思いますが…。

※画像はYahoo!検索(画像)から引用
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0