六花亭 十勝日誌の空き箱



今や全国的にも有名な六花亭。
十勝日誌と言えば松浦武四郎ですが、なんと…。

商品の説明
ブック型の箱にびっしり代表銘菓。

伊勢の人、松浦武四郎は北海道内陸を探検して初めて詳細な蝦夷地誌や地図を著し、紀行文23冊を編纂しました。十勝日誌はその一巻、安政5年(1858年)頃の十勝のようすが記されています。六花亭の「十勝日誌」は原本から表紙等を複製し、焼菓子からチョコレート菓子まで私どもの代表的銘菓の詰め合わせです。

【詰め合わせ内容】
マルセイバターサンド、チョコマロン、霜だたみ、いつか来た道、大平原、ひとつ鍋(こし餡)、百歳、マルセイキャラメル、白樺羊羹(こし餡)、ストロベリーチョコ(ホワイト)袋入、雪やこんこ、マルセイビスケット、リッチランド、チョコレート(ホワイト)、畑の大地ひろびろ、おかげさま、マルセイバターケーキ、水ごよみ
※季節によって詰め合わせ内容が変わることがございます。

クール便(4月~10月)※一部地域を除く

<公式>六花亭オンラインショップ


17051102.jpg   17051103.jpg

関連記事
スポンサーサイト

COMMENT 0