FC2ブログ

羽幌町 築別炭砿 vol.2 「羽幌炭砿鉄道病院」



羽幌炭砿鉄道病院。

17120702.jpg 17120703.jpg 17120704.jpg

廃墟マニアとか、心霊スポット的な切り口ではありません。(笑)

昭和19(1944)年12月には炭鉱地区の医療センターとして存在したようで、昭和31(1956)年に増築され面積は1,458.6㎡とか。

診療科目は内科・外科・婦人科・耳鼻科・レントゲン科…。
病室14でベッド数50、手術室・分娩室・薬剤師室・事務室・炊事室…。
つまり地域の総合病院と言っても過言ではないでしょう。

スチーム暖房で医師4名・レントゲン技師1名・看護婦と事務員を合わせて総勢38名の体制だったそうです。
※時期は判りませんが、医師は羽幌本坑診療所・二坑[上羽幌坑]診療所の各1名を含め6名体制だったとか。             
この炭鉱地区には1万人を超える従業員や職員が居たのですから、ケガはもちろん出産もこの病院でおこなわれていたのでしょうね。近隣の農家も頼っていた病院だったのでしょう。

昭和43(1968)年には、リハビリテーション用の新病棟を増築し、当時としては最新医療設備の充実した病院になりましたが、炭砿の閉山に伴い、昭和46(1971)年3月に閉院。

17120705.jpg 17120706.jpg 17120707.jpg

ご覧のようにコンクリートなどは傷みながらも現存していますが、建物の木部はほぼ崩落しています。
当時の建物は立派ですが、この病院で亡くなった方もかなりの数がいらっしゃったことでしょう。
親・兄妹・子供・友…、そこには多くの涙が流されたと思います。

それらの歴史を、単に廃墟や心霊スポット…。
そのようなサイトも多いと思いますが、チョイと違うかなと…。

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0