FC2ブログ

旭川の市街地にノビネチドリを発見!

昨日お知らせしたノビネチドリを撮ってきました。



ここは普通の空き地。
旭川の市街地で、夏に一回くらい草刈りをしていたと思います。
判りますか?

_DSC8518.jpg

なぜこんな場所に…。
古い家を解体して庭にあった花が残っていたと言う感じではありません。
もし庭だったとして「ノビネチドリ」を植えていたら、それはそれなりにマニアックな方か何も知らない方か…。(笑)

_DSC8522.jpg

そうなるとタネが飛んだとしか考えられない…。
粉のようなタネが西風に乗ってここへやってきた。
しかもそこは、たまたま発芽できる環境だった。

ラン科の植物は、数千から数万単位の種子をばら撒き、子孫を残す戦略のものが多いのです。
つまり大きな種子で確実にでは無く、確率的に何とかなるように数を増やしたのですね。

それにしても、山の中ですら見つけることも難しいノビネチドリが、こんなカンカン照りの市街地の空き地で花を咲かせている。
開花まで何年ここで頑張っていたのか…。

_DSC8520.jpg

そんな事を考えると涙が出そうです。(笑)

関連記事
スポンサーサイト



COMMENT 0